So-net無料ブログ作成

全身多汗症を治す方法 [健康]

汗は人にとって重要な働きをしています。 発熱すると全身にたくさんの汗をかき、汗が蒸発して熱を下げます。 汗をうまく出して恒温動物である私たちの体温を一定に調節しているのです。

では、多汗症とはどんな症状をいうでしょうか?

久保田式多汗症改善7日プログラム
http://www.infotop.jp/click.php?aid=245089&iid=38847



多汗症とは
特に暑いわけでもなく、また、特に激しい運動をしたわけでもないのに、大量の汗をかく汗の異常をいいます。
つまり、多汗症は、「生理的に必要な量以上に大量の汗をかく」病気です。



多汗症の原因
多汗症の原因については、未だ諸説あり確定していません。
ただ、共通して主張されているのが、多汗症の人は、交感神経の反応が一般の人に比べて強いのではないかという点です。

多汗症は緊張すると大量の汗をかくので、よく精神的な病気と誤解されています。
しかし、多汗症は、精神的な病気ではありません。
精神的な問題があるのではなく、自律神経のなかの交感神経の反応が強すぎることが問題なのです。



・多汗症の汗
汗は、体温調節という大変重要な役割を担っているもので、人間にとって不可欠なものです。
体温を一定に保つように汗を出す命令を脳が出し、脳からの命令は「交感神経」を通して汗腺に届きます。

このような体温調節のために出る汗を「温熱性発汗」といいます。

汗には、もう一つ、緊張したときになどに出る「精神性発汗」というものがあります。

温熱性発汗精神性発汗では汗の出る部位が異なり、温熱性発汗が全身的なのに対して、精神性発汗は手のひら、足の裏など部分的です。
多汗症は、この2種類の汗のうち、「精神性発汗で起こる汗の異常」をいいます。



多汗症の治療
多汗症の治療は、交感神経を何らかの方法でブロック(遮断)または切除することが基本となります。

アルコールを使った交感神経のブロックや、手術による交感神経の切除が広く行われています。

手のひらの多汗の場合、従来は肋骨の上にある交感神経をブロックする「胸部交感神経節ブロック」が一般的でしたが、現在ではより有効性が高い「胸腔鏡下交感神経切除」が広く行われています。

また、足の裏の多汗の場合は、手術による切除よりも腰椎の側面にある交感神経をブロックする「腰部交感神経節ブロック」が一般的となっています。



多汗症と心理療法
多汗症は自律神経のなかの交感神経が深くかかわっているため、心理療法が有効であるとする見解もあるようですが、一般に、心理療法では汗は止まらないというのが通説となっています。

というのも、多汗症は対人関係などでの緊張で汗が大量に出ますが、落ち着いて一人でいるときでも、大量の汗が出るからです。

多汗症は、精神的な病気ではないのです。
心理療法や自律訓練法などを実践しても、汗を止めることはできません。



多汗症治療の効果
多汗症の治療では、手のひらや足の裏の汗の量を正常に戻すのではなく、「完全に汗を止める」ことになります。

汗が止まるので、当然皮膚が乾燥しやすくなります。
特に、手のひらの多汗症の治療後は、かさかさに乾燥します。

また、特定の部位の汗を完全に止めることにより、体の他の部分の汗が増えるという「代償性発汗」が程度の差はありますが、ほとんどのケースでみられるようです。

このような多汗症治療の副作用とでもいうべき症状とともに、日常生活への支障の程度を考慮したうえで、多汗症の治療に臨む必要があります。



ここで私がお勧めするのが

久保田式多汗症改善7日プログラム
です!!



header01.jpg

header02.jpg

guide.gif




手術もしません!
90日返金保証付き!!


この多汗症対策術を実践するにあたり、難しい知識や難しい方法は一切ありません。
だから続けられます。


また、マニュアルを読みながら進めていくだけでいいので誰でも行えます。


仕事の合間や空き時間で、気軽に多汗症を改善させることが可能です。


1日数十分程度の時間で行っていただけます。
もちろんお金もほとんど使いません。



久保田式多汗症改善7日プログラム


多汗症で悩んでいる方はお試しあれ!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。